内科 消化器科 放射線科 医療法人 福本内科医院
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
代表的な消化管の内視鏡像  ヘリコバクター感染

ヘリコバクター・ピロリ菌の除菌効果

約20年前からヘリコバクター・ピロリ菌が胃粘膜に対して障害をきたし、胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍さらに胃癌、リンパ腫の原因と考えられています。 ヘリコバクター・ピロリ菌の除菌には、抗生物質を使った除菌方法が、約2年前より保険適用となり、本医院でも積極的に行っています。
除菌率約90%ですが除菌されると胃粘膜は見違えるようにきれいになり胃潰瘍、十二指腸潰瘍の再発はほとんどなくなります。また癌の発生も少なくなると言われています。

胃炎の改善



胃潰瘍の治療




Copyright 2011, Fukumoto Naika このページの情報を無断で複写、転載などを行うことを禁じます